IT導入補助金

「Care-wing(介護の翼)」がIT導入補助金の対象に認定

株式会社ロジック(石川県金沢市、代表取締役:和田森 久志、以下「当社」という)は経済産業省が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(通称:IT導入補助金)」の対象サービスに介護事業所向け支援システム「Care-wing(介護の翼)」が、昨年に引き続き認定されたことを発表いたします。 この制度を活用して「Care-wing(介護の翼)」を新規で導入いただたく場合、最大で50万円の補助金を受けることができます。

【「IT導入補助金」について】

経済産業省が中小企業や小規模事業者の生産性を向上させることを目的に、ITツールを導入する経費の一部を補助する制度です。 2017年度より開始され、2018年度の予算は昨年度の100億円から、500億円へと大幅に引き上げられました。 IT導入補助金を利用することにより、費用の1/2以内で下限15万円、上限50万円の補助金を受け取ることが可能です。 一次交付申請期間は4月20日(金)から6月4日(月)、交付決定日は6月14日(金)を予定しています。

経済産業省:IT導入補助金サイト

【Care-wing(介護の翼)について】

「Care-wing(介護の翼)」は、従来介護職員が紙で記録していた介護記録を、NFC*1とICタグ認証の採用により、スマートフォンやタブレット端末を使用して完全ペーパーレス化を実現するクラウドシステムです。利用者の居室に設置されたICタグを読み取ることで介護サービスの開始と終了時間を正確に記録することができ、介護請求データの入力や記録との整合性チェックに要する時間を大幅に削減し、介護現場の業務省力化に貢献しています。 2018年1月にはオリックス・リビング株式会社と共同開発した住宅型有料老人ホームおよびサービス付き高齢者向け住宅に対応した施設版オプションをリリースしました。

*1 NFC ・・・Near Field Communicationの略称。13.56 MHzの周波数を利用する通信距離10cm程度の近距離無線通信技術で、非接触ICカードの通信および 機器間相互通信が可能。

Care-wing 介護の翼の相談をしてみる

03-3230-1116


営業時間:9:00~18:00(平日)