よくある質問

システムについて
1ケアウィングは、どんなシステムですか?

ICカードとスマートフォン(タブレット)を利用したクラウドによるシステムで、担当者は、スマートフォンで一日の予定やサービス内容を確認し、実施したサービスを簡単に報告できます。管理者は、担当者が行っているサービス(時刻、ケア項目、バイタル等)をリアルタイムで管理することができます。オプションで賃金計算や介護保険請求ソフト「給管鳥」と連携することができます。

2ケアウィングの主な特長は何ですか?

ICカードとスマートフォン(タブレット)を利用したクラウドによるシステムで、担当者は、スマートフォンで一日の予定やサービス内容を確認し、実施したサービスを簡単に報告できます。管理者は、担当者が行っているサービス(時刻、ケア項目、バイタル等)をリアルタイムで管理することができます。オプションでヘルパー賃金計算や介護保険請求ソフト「給管鳥」と連携することで介護保険請求を行うことができます。

3ケアウィングを導入すると、どんなメリットがありますか?

今までの実施記録(紙媒体)をIT化することで、
1.業務効率と質をUPし、事務処理経費を削減できます。
2.事務所(遠隔地)でもサービス状況が見えるので管理者や責任者が安心できます。
3.不適正な請求が抑止され、信頼される事業者をアピールできます。
4.情報共有やご家族へのサービス完了メール等できめ細やかな介護の実現ができ、利用者様の信頼を得ることができます。
5.担当者の正確な労働時間を把握することができ、賃金計算も簡単にできます。

4具体的にどんな業務が軽減されますか?

担当者…伝票記入、利用者宅に訪問したことを事業所へ報告する必要がなくなります。伝票をわざわざ事務所に持ってかなくても、その日のうちに報告が完了します。管理者…担当者から利用者宅に訪問した確認をとる必要がなくなり、訪問忘れを防止することができます。伝票処理がなくなり、サービス内容を何度もPCに入力する手間が省け、記入ミスが防止できます。サービス実績報告書等の書類作成や保険請求のための業務がスムーズに行えます。

機能について
5ケアウィングを使用するためには、何が必要ですか?

PCのインターネット環境、スマートフォン(タブレット)、担当者用ICカード(タグ)、利用者用ICタグが必要となります。
推奨ブラウザ
Windows: IE9以降 Google Chromeバージョン25.0以降 Fire Fox19.0以降 Mac: Google Chromeバージョン25.0以降 Fire Fox19.0以降 Safariバージョン6.0以降
推奨端末
Android端末:画面解像度 800×480 ドット(ワイドVGA)以上 OS Android 2.3 以降 NFC対応(Reader/Writer機能付き)通信方式 3G 方式 もしくは、WiFiなどネットワークに接続できること Bluetooth EDR+Ver2.1互換(モバイルプリンタ使用時)
※iOSやNFC非対応端末の場合、NFCリーダー(レンタル)での対応となります。
※担当者用ICカード(タグ)、利用者用ICタグの注文は、随時承っております。

6スマートフォン(タブレット)の用意はしてもらえますか?

Care-wing専用スマートフォンのレンタルプラン(通信費込)「Carepho」もご用意しております。事業者様でご用意いただく場合、NFC対応(Reader/Writer機能付き)機種の確認をしてください。
iOSやNFC非対応機種の場合、NFCリーダーのレンタルも開始予定しております。

7使用するPCやスマートフォンなどの端末の台数に制限はありますか?

ケアウィングはクラウド型で、PCの台数の制限はありません。ID、パスワードを入力することで、事業所以外のPCやタブレットでも管理画面の閲覧、編集ができます。
スマートフォンなどの端末台数にも制限はありません。

8スマートフォン(タブレット)端末に不慣れな介護者でも使えますか?

ケアウィングはICカード(タグ)を利用しているので、入力はとても簡単です。ICタグをかざしてタッチするだけ、特記事項は音声入力でもOKです。ケアウィングの導入先では、82歳の方でも使いこなしています。これまで伝票に手書きしていた時よりも簡単で入力時間がかからないと好評です。

9スマートフォン(タブレット)でどんな内容が閲覧・入力できますか?

担当者の予定、担当する利用者の計画書(住所・電話番号等)・履歴(これまでの申し送り事項・サービス提供責任者からの指示)が閲覧できます。今まで伝票に記入していた日付・時間・サービスの種類・担当者名・利用者名、サービス内容は自動入力されるので、入力する必要はありません。特記事項・バイタル・様子・(チェックされていない場合、サービス内容)だけ入力します。
スマートフォン(タブレット)で入力した内容は、すぐリアルタイムで管理画面に反映され、サービス提供責任者や次に訪問する担当者が閲覧できます。

10利用者宅で伝票を印刷できますか?

Bluetooth対応のモバイルプリンタ設定で、スマートフォン(タブレット)端末から伝票の印刷、捺印またはサインをすることができます。対応機種については、お問い合わせください。

11スマートフォン(タブレット)から記録されたデータは、変更可能ですか?

利用者宅を出た後、スマートフォン(タブレット)端末でも変更できます。管理画面でも編集、変更できます。入力ミス、忘れ等に対応するため、管理者側で編集・変更もできますが、記録された時刻等は、、編集後も記録された時刻は、データとして管理できます。

12どんな帳票が印刷できますか?

管理画面より、以下の帳票が印刷されます。
・介護計画書・看護計画書・看護報告書(看護版)
・毎月の予定カレンダー(担当者・利用者)・実績一覧表(担当者・利用者)
・サービス提供責任者 指示報告書
・日別実績一覧表
・サービス実施記録(利用者)(毎日・期間指定)
・担当者シフト表(毎日)

13サービス実績が保険請求にどのように反映されますか?

実績管理画面でサービスを承認(一括承認も可能)することで、サービス提供票に実績として計上されます。ケアウィング単体では、介護保険請求はできませんが、介護保険ソフト「ワイズマンSP」「給管鳥」「ケアマネっ子」「介舟ファミリー」等と連携することで、入力ミスなく、スムーズに介護保険請求を行うことができます。

14どのような賃金計算ができますか?

サービス内容や時間帯に応じてシートで賃金設定ができます。特定利用者に対する調整や担当者の資格等による賃金設定なども自由にできます。月末には、ケアウィングの実績データをもとに賃金が自動計算されます。また、処遇改善による調整も可能です。

15ケアウィングに記録されたデータはいつまで閲覧できますか?

ケアウィングに記録されたデータはサーバに保管されているので、利用者情報やサービスの実績記録等はいつでも閲覧可能です。保管期間の5年間は、サービス実績記録の確認ができます。

16セキュリティに対する対策はどうなっていますか?

スマートフォン(タブレット)端末は、端末認証をして登録された端末しか通信できません。ICタグ認証でアプリを起動、ログイン、データをサーバーから情報を送受信します。データは、ローカルメモリ(端末)にキャッシュされないので、情報が漏れることはありません。
管理画面には、ユーザーアカウイントのみ、IDとパスワードでログインできます。一定時間通信が発生しない場合に自動的に切断され、データはSSL認証で暗号化して通信しています。データベースは、3台のサーバーで管理していますので、万が一の障害発生時でも安心です。

システムについて
17サポート体制はどうなっていますか?

ヘルプ画面で必要なマニュアルがダウンロードできるようになっておりますし、会員様用のサイトで、操作説明の動画もありますので、ご活用ください。電話、FAX、E-mailでのサポートもおります。(無料)現地での初期導入指導、研修指導等も可能ですので、お問い合わせください。(有料)

18サービス内容項目や印刷書類のフォーマットのカスタマイズはできますか?

事業所や自治体に対応するフォーマット、サービス内容のチェック項目の削除・追加もカスタマイズをします。(有料)詳しくは、お問い合わせください。

お申し込みについて
19ケアウィング利用料金は、どうなっていますか?

ケアウィングはASPサービスで、管理システム使用料をいただいております。月額でのお支払いの場合は、2年間お使いいただくことを条件になっており、2年以降は再契約(2年間)になります。初期費用としては、ICカード類等の費用がかかります。端末につきましては、事業者様でご準備ください。詳しくは、お問い合わせください。

20購入前のデモンストレーションはできますか?

Care-wing対応のスマートフォン(タブレット)端末をご用意いただければ、トライアル版での使用が可能です。

無料トライアル実施しております。

03-3230-1116


営業時間:9:00~18:00(平日)