FAQ

■Care-wing 全般の質問

Care-wingはクラウドサービスとなっていますので、管理されているデータはクラウド上に保管されています。管理パソコンが故障した場合でも、代替のパソコンを用意していただき、サイトへアクセスしていただければ、必要なデータは残っていますので、すぐに通常の業務に戻ることが可能です。
当社のサーバーに関しましては、天災に耐えうるメインサーバーと、別の場所に存在する第二サーバーの2ヶ所でそれぞれデータの同期をとりながら動いており、メインに何かあれば、第二に切り替わる体制を取っています。さらに、双方のサーバーに問題がないか、第三のサーバーが常に監視しており、異常が発生した際、すぐにサポートの方に連絡が入る仕組みになっています(24時間体制)。
データの復旧は、多少時間は戻りますが可能です。
利用者様のICタグの使いまわしは、原則不正防止のため、推奨できません。
iPhoneにはICタグを読み取る機能が搭載されていない為、QRコードが必要になる他、iPhone用アプリには一部使用できない機能があるため推奨しておりません。
変更可能です。有料で承っておりますので、サポートへお問い合わせください。
項目名を変更すると過去の情報も変更後の項目名に置き換わりますのでその点をご注意下さい。
最長12時間まで延長可能です。初期設定は30分となっております。
変更をご希望の場合はお問い合わせください。
同時にアクセスして編集を行った場合、先に入力したデータが後に入力したデータへ上書きされるため、先に入力したデータは記録されません。


■アプリに関する質問

管理サイト「基本設定」内、「モバイル端末承認」の「待受け番号作成」ボタンをクリックし、そこに表示される番号を端末の方に入力してください。
端末のNFCリーダー機能がOFFになっていると、このメッセージが表示されます。端末のNFC機能をON(有効)にしてください。
端末の操作に関しては、「端末アプリ(Android版)初期設定のしかた」の「NFCリーダーの設定」を参照してください。
管理サイト「利用者管理」内、「計画書」の「ケア手順」が表示されます。
下記の通りとなります。
・(サービス開始選択前)その日のケアプラン全て
・(サービス開始選択後)前後12時間以内のケアプラン
端末の申し送り事項には、指定した日の前日から翌日の申し送りが表示されます。
表示させたい時間の範囲は管理サイト「基本設定」内の「申し送りの閲覧時間範囲の設定」で設定することができます。
まず、「介護計画書」にて表示させるケア項目の設定が必要です。
管理サイト「利用者管理」から、「計画書」を選択。表示させたい利用者の「計画書」画面から編集し、ケア項目の曜日選択チェックボックスへチェックを入れます。
次に、「利用者管理」から、「月間ケアプラン」を選択。表示させたいプランの「サービス内容」を選択し、「サービス内容」画面の「項目の追加と削除」から、チェックが入った状態で表示したいサービスチェック項目のチェックボックス(選択)にチェックをいれ、「確認」「更新」でチェックが入った状態でアプリに表示されます。
担当者割り当てを行っていないと、利用者タグをかざしても予定が表示されません。
ただし、「自分が担当しないサービスも表示」にチェックを入れると、担当者の割り当てを行っていなくても任意の担当者でサービスを開始することができます。
アプリの担当者の予定一覧表示画面で、修正したいサービスの編集ボタンから編集ができます。
また、端末にてチェック項目の編集を許可するかどうかは、管理サイト「基本設定」内の「チェック項目の編集機能」にて設定が可能です。
端末の編集画面より編集を行う際は、再度メールを送信するか選ぶことができます。
管理サイトから特記事項やサービス内容を編集した場合は、メールは送信されません。


■【利用者管理】Care-wing管理画面

利用者・担当者ともに、現在印刷することはできません。
「利用者一覧」「担当者一覧」の、ICタグマークをクリックしてIDを入力して下さい。
登録しようとしたICタグが既に別の利用者・担当者に割り当たっていた場合、そのように表示されます。「強制的に登録」ボタンをクリックすると、既に登録されているタグIDをその利用者・担当者に登録することができます。
「利用者一覧」の利用者様のお名前の上にチェックを入れたサービスのマークが表示されます。
「月間ケアプラン」のサービス提供表を印刷した際に、担当ケアマネが印字されます。
「利用者一覧」の「詳細」から、「被保険者情報」を登録することができます。そちらに認定日や認定期間と一緒に入力することができます。
A1,A2は元々設定されておりますが、A3は設定されておりません。お客様ご自身で設定していただく必要がございます。
「基本設定」の「サービスコード登録」から設定できます。
Care-wingでは、同じ利用者に対して、同一サービス・同一時刻(開始・終了時刻)のものは登録できない仕様となっています。
そのため1つのサービスを2人で実施する場合は、2人目を「同行サービス」として登録する必要があります。
あらかじめ「基本設定」のサービスマスター設定かサービスコード登録にて、独自サービスとして登録をお願いします。
通常紙ベースで作っている計画書の内容を入力していただきます。作成した「計画書」は端末でも確認できます。
介護サービス以外の記録を残したい場合、端末から「館内記録」が登録できるようになっています。
通常使わないようであれば、「基本設定」から「館内記録の有効/無効」で無効に設定していただければ、管理画面や端末で表示されません。


■【担当者管理】Care-wing管理画面

利用者・担当者ともに、現在印刷することはできません。
管理サイトでの操作出来る内容に下記のような違いが出ます。
オペレーター:通話記録の記録者として選択できます。
サ責・管理者:「実績管理」の指示にて記入者として選択できます。
担当者の割り当ては、「シフト管理」や「シフト表」からも行えます。シフト管理の場合は「予定の配置」からサービスを呼び出して割り当て、シフト表の場合は「担当者未定」のサービスを任意の担当者欄に割り当てるという方法があります。


■【実績管理】Care-wing管理画面

「実績管理」からその日の各サービスに指示を送ることができます。指示内容は端末でサービスを開始する際に表示されます。
「基本設定」で指示内容を登録しておくと特に指示がない場合、帳票にはその文章が印字されるので、便利です。
既に端末で実施したサービスについては、指示内容を修正することができません。
サービス終了後、端末と管理サイトに予定外と表示され、「実績管理」にて内容を追加修正できます。
「実績管理」の該当サービスの編集から、サービス内容や介護項目を登録していただくことで、予定されたサービスへの変更が可能です。
端末アプリでサービスを編集するには、アプリのトップ画面で修正したいサービスの「編集」をクリックします。
管理サイトの【基本設定】でチェック項目の編集機能を「動作状態:編集可」にすることで、チェック項目を編集できるようになります。
特記事項の修正は以下の画面で行うことができます。
実績管理:介護内容の下欄(実績欄)をクリックし、編集ダイアログから修正。
利用者管理/実施記録:実施情報欄をクリックし、編集ダイアログから修正。
リアルタイム状況・介護状況確認:詳細表示の特記事項編集ボタンから修正。
できません。実施されたサービスは修正のみ可能です。承認しなければ、実績にはなりません。
実績管理の「削」でキャンセル、「振」でサービスの振り替えをすることができます。振替は、「シフト表」でもできます。
「削」「振」を選択したサービスについては、キャンセル一覧から確認していただくことができます。
サービスの開始時間、終了時間がともに予定時間の前後15分以内であれば承認します。前後15分を超える場合は承認されません。
前後何分以内を承認するかは、「基本設定」で設定することができます。
「ソートと絞り込み」から、利用者・担当者・特定のサービス等を絞り込んで承認することができます。
また、タブ(介護・居宅・予定外…)を選んで一括承認すると、選んだタブのサービスのみ承認することができます。
承認後の背景の色の違いは以下の通りです。
青:端末で正常に実施したサービス
黄:利用者タグを使わず、担当者タグで実施したサービス
ピンク:端末で記録していないサービスを、管理サイトで承認したサービス
サービスのタブが「全て」になっていると印刷することができません。
介護・居宅・予定外等のサービスごとに印刷できるようになっています。


■【事業者設定】Care-wing管理画面

各帳票印刷の際に印字されます。
「利用者情報」の担当ケアマネを登録する際に選択肢として表示される他、「月間ケアプラン」の印刷時にも印字されます。


■【基本設定】Cere-wing管理画面

「基本設定」の「帳票の表示時間設定」で、帳票に印字される時間を修正された時間に変更することができます。
メールを受ける側の迷惑メールの設定でメールを止めている可能性があります。 下記のアドレスを受信可能に設定してください。
msg@ha11.care-wing.jp
msg@ha12.care-wing.jp
事業所独自のサービスについては「基本設定」の「サービスマスター設定」、自治体独自のコードについては「基本設定」の「サービスコード登録」より登録することができます。


■【スマートフォン】Carephoレンタルプランに関する質問

国内通話無料です。国際通話、ナビダイヤル、国内通話が一部対象外(※)となり、ソフトバンク以外へのSMSは、1通あたり3円が発生します。

※対象外の内容詳細
・国際ローミング通話料(海外でかける)
・国際電話通話料(国内から海外へかける)
・ソフトバンク衛星電話サービス
・0180(テレドーム)、0570(ナビダイヤル)などから始まる 他社が料金設定している電話番号への通話料
・番号案内(104)
・国際転送電話サービス(通話開始後、接続先の海外番号を あらためて入力するものなど)
・ソフトバンク以外へのSMS送信
OFFでも問題ありません。Care-wingだけの使用であれば、WI-FIに接続しなくてもデータ使用量の制限を超えることはありません。
ただし、Care-wingアプリの更新や端末のOS、付属アプリの更新などで通信を行う場合は、Wi-Fi環境での通信をおすすめいたします。